ホーム > プラスチック・金属材料 かんたんガイド「プラスチックの特性」

プラスチック・金属材料 かんたんガイド/プラスチックの特性

プラスチックの特性 金属材料の特性はこちら

株式会社TMC
品名
比重
曲げ強さ
曲げ弾性率
荷重たわみ
温度
1.82Mpa
線膨張
係数
主な特長
ポリアセタール
(POM)
1.41
96
2,580
110
9
耐薬品性に優れ、摩擦・磨耗特性が良く、反発弾性が良い。
6ナイロン
(3.5%吸水)
1.14
98(39)
2,500(785)
-
8
耐油性・耐熱性が優れており摩擦係数が小さく、磨耗に強いが吸水性がある為、寸法変化・性質変化がおこりやすい。6ナイロンは押出成形・66ナイロンは射出成形が多い。
66ナイロン
(2.5%吸水)
1.14
113(64)
2,840(1,370)
-
9~10
66ナイロン
(GF30%)
1.36
255(186)
8,330(5,880)
255
2~3
PBT
1.31
90
2,540
78
11
強靭で耐熱性が優れ、成形性も良いが熱水・アルカリに弱い。
沸騰水及び蒸気の雰囲気では加水分解に十分注意が必要である。
PBT
(GF30%)
1.52
210
9,120
213
2~11
PPE
1.08
70
2,350
-
7
耐熱性が高く、荷重たわみ温度が約190℃と高い。また硬質で粘り強い特性がある。低温でも耐衝撃性に優れ、幅広い温度帯で安定している。
PPE
(GF20%)
1.2
137
5,000
-
3.5
ポリカーボネート
(PC)
1.2
90
2,260
132
7
耐熱性があり衝撃にとても強いが、耐薬品性に劣る。
ポリカーボネート
(PC)(GF20%)
1.33
157
5,390
148
2.7~6.2
ポリサルホン
(PSF)
1.24
107
2.690
175
5.5
すぐれた耐熱性 (連続耐熱温度175℃)、幅広い使用温度 (-100℃から175℃まで)、すぐれた耐加水分解性 (水または温水などによって劣化しにくい)、耐薬品性が良い (酸・アルカリ・油に強い)、成形性が良い。
PPS
1.35
142
3,900
108
2.6~6.9
きわめて耐熱性に優れており、耐磨耗・耐薬品性が良く剛性も高い。
PPS
(GF40%)
1.66
255
13,200
270
1~6.2
PEEK
1.3
170
3,620
140
4.7
抜群の耐熱性、高温特性。(連続使用温度約250℃)高い機械的強度。(衝撃、引張、クリープ、疲労、磨耗に強い)耐薬品性に優れる。燃えにくい。発煙しにくい。優れた電気絶縁性。
ポリプロピレン
(PP)
0.91
-
1,660
-
11
安価で表面光沢が良く、薄膜状態に強いが低温に弱い。
ポリエチレン
(PE)
0.96
-
1,070
-
11
安価で低温に強く、吸水性がなく耐薬品性に優れる。
ABS
1.04
68
2,250
89
7.4
成形収縮率が小さく、バランスがとれている。またメッキ性が良い。
アクリル
(PMMA)
1.2
120
3,000
-
7
完全に無色透明で光線の透過率は100%に近く、日光にあたっても変色しない。

金属材料の特性へ