ホーム > 製品紹介 > OPM工法トップ

製品紹介/OPM工法

OPM工法 〔1〕 〔2〕 〔3〕

 OPM工法とは お客様選択のペレット材にて部品製作

オプション・ペレット・マシニング 特許2014年12月取得

金型を起こさず量産の成形材料と同じ材料にて高精度切削加工にて製作する工法

製品写真

 OPM工法開発の背景

新製品を短期間で開発し、早く販売したい

 OPMのメリット

イメージ

材料成形から部品加工まで自社製作 納期・コストとも約半減

事前に量産材料にて検証できるため量産立ち上げもスムーズ


イメージ


・試作金型不要 → 低コスト・迅速対応
※形状変更が発生した場合も変更費用が少なく、修正期間も短い

・量産と同じ材料(ペレット)難燃、導電グレード等、ご希望の特殊機能材料から
ボイド(巣)の少ない厚板素材成形
→ 試作段階で材料物性確認・設計検証が可能

・多品種変量生産対応に適
→小ロット品 金型不要のため原価低減
販売見込みが見えない機種の開発リスク低減


〔1〕 〔2〕 〔3〕   次のページへ>>